本文へスキップ

surf products car gear

2022年6月5日

北による飛翔体の発射は直近何度もありニュースの新鮮度はないが、毎回報道される。テレビで見られる方は、その都度なんとかならないものかと頭を抱えられていることだろう。防衛相のコメントである。戦時下のウクライナの大統領がまっすぐ前を向いてしゃべっているのにくらべて、あのくらいの文言をメモを見ずに語れないのかと思われる方は多いだろう。しかも、だいたいいつもお約束のように同じコメントであるのだが下を向いてしゃべっていてはとても抗議しているのか怒っているのかわからないし、メッセージ性は何もなく、とくにコメントする必要はないのではないか。

2022年5月29日

AVGOのVMW買収やNVDAへの投資をファンド筋が発表の材料などを含め米株市場が落ち着きを取り戻したのは週末を迎えるにあたって精神的にありがたい。金曜までフラットであった日本海だが予報では西〜南西の風が強く吹くことによりサイズが上がるとあったが半信半疑であったものの、千畳、日曜の波子はしっかりとしたうねりが入っていた。

2022年4月12日
今週はオスプレイが飛んでいる。2機、回転翼モードで滑走路のごく近くのみを飛行していた。陸揚げされた機体の調整か完熟飛行か。ここは軍民共用なので民間機(ANA)の発着時はじゃまにならないように低く待機していた。



2022年3月27日
久しぶりに千畳に入った。昨年10月の胸肩以来か。サイズがあって、いいときのここは、ショートのそれなりのサーファーが集まり、ロングのおっさんに囲まれてサーフすることとくらべると、雰囲気が違う。
今朝はまだセミドライが必要なようだ。
さて、沖に出たところ、「うしろあいてますよ」とローカルが教えてくれた。ネックは閉めていたがジップが全開だった。58歳、ボケてきたか。「暑いからわざとあけてるのかと思って」、「いや、冷たい。ありがとう」。前開き胸ジップが主流の今、いまだに背中ジップでひもを垂らしているこの年寄りに、ローカル君も驚いたことであろう。

2022年3月25日

昨日サッカー日本代表がワールドカップ出場を決め、プロ野球も開幕、桜が開花し春の異動も出て、いよいよ気分は新年度である。海のほうは、今年に入りいい波には乗れていない。風が合っていないことが多く、この週末もそのようである。明日は雨、風強く、太平洋側はクローズ、大分のシークレットはあるのか。さて、サーファーが海に入ることを、入水、という人が多いが、入水と書いて本来は「じゅすい」と読み、水中に身を投げ自殺するという意味である。最近は身を投げるという意味でなく単に水に入るという意味で使われることが多いが、森鴎外「山椒大夫」でも安寿は「入水(じゅすい)」とある。例の「ら抜き言葉」のように言葉は変化するが、正しい日本語を使う会(w)としては、昨今サーファーのYouTuber氏が乱立し、動画などで、「〇〇くん入水(にゅうすい)しまーす」などと聞くと、違和感を覚えてしまう。多摩川の西部邁氏、古くは玉川上水の太宰もこの言葉のゆらぎには・・存命ならば一言いただきたいところだ。
日本語の変遷については、「漢字とカタカナとひらがな」(今野真二氏、平凡社新書)は興味深い書である。

2022年2月24日
ロシアが軍事侵攻。事前にアメリカが情報を積極的に流し抑止としたが、プーチンは手ぶらでは帰れないという人や、侵攻はないと言う人もいたが、やはり侵攻はあった。さて、その直前、24日の予算委員会で、「森元首相を特使として送ったらどうか」、という案が出たと聞いて、驚いた。これは本気で提案しているのか、森氏に事前に聞いて行っていただけないかと聞いたのか、森氏が応じたとしてこの侵攻直前にプーチンが果たして会うと思っているのか、「ウラジーミル、君と僕は」とかつて親しげに語りかけていた安倍氏を特使にと言わずこの森氏をというあたり、ウケ狙いか、はたまた何かあるのかと思ったが、まず誰がそんなことを言ったのかと調べてみると、なんと立憲民主党の人だった。白眞勲氏。元朝鮮日報日本支社長。これは何かのかく乱策か。森氏の特使といえばオールド・ファンなら思わず笑みを浮かべるであろう、記憶に新しいところでは組織委員長事件、古くは神の国、who are you、以下略枚挙にいとまがない。しかし、やはり「森氏の特使」というと思わず小泉氏のときの首相官邸をあとにして出てきてインタビューを受けた、干からびたチーズ事件のときの、あの姿を思い出す方が多いのでは。お人柄はいいだけに何かというとすぐ担ぎ出されてかわいそうである。

2022年2月6日
熊本県で初めてサーフ。熊本のポイントは天草灘まで出なくてはならず熊本市から遠い。ポイントの名前が「火葬場下」、「火電横」、「KDD前」と、そそる名が付けられており、サーファーならポイントガイドなどでその名は見たことがあり一度は行ってみたいと思っていらっしゃる方も多いのでは。私は自宅は愛知県だが愛知県のサーファーが沖縄やバリでサーフすることはあっても熊本でサーフィンするのはそうないんじゃないかな、と思うと単身赴任で山口に来てよかったというか、感無量である。これで九州は宮崎に始まり福岡、佐賀、長崎、大分と入ったのであとは鹿児島だ。鹿児島はというと以前恋が浦でやったことがあったがそこが鹿児島県だと思っていたが、実は宮崎県だった。志布志に行くか江口浜か。楽しみです。

2022年1月
ウィーザーがウザい。AFN Iwakuniで結構かかるのがa-haの「テイク・オン・ミー」とTOTOの「アフリカ」で、かかってるなーと思って聞いていると、カバーじゃないか、ということで調べてみるとどうもウィーザーのアルバムからのカットらしい。カバーも善し悪しでその出す時期、アーティストにもよるもので、このウィーザーの場合は本家のファンは腹立つー、と感じている方も多いのではないか。ウィーザーはたしかに売れてはいるが、売れてはいるもののコアな野郎からの支持はあまり得ていないと思う。さらにウィーザーは「ヴァン・ウィーザー」というアルバムまで出しており、なんでもヴァン・ヘイレン愛が高じ作品化となったとかで、これも一部筋からみるとうっとおしい。2020年のエドワード・ヴァン・ヘイレン逝去時には「ロッキング・オン」誌が表紙と「総力特集」とかで手のひらがえしというか商業主義的というか、ヴァン・ヘイレンは「Player」か「Burrn!」にまかせておけ、お前らが語るな、と言いたい。

2021年は